人に教えるということ|塾講師でなりきり先生|教師を目指すなら絶好の機会
先生と生徒

塾講師でなりきり先生|教師を目指すなら絶好の機会

人に教えるということ

机

塾のお仕事は多くの人が行なっています。学生がするには時給が良く、1コマ1500円ぐらいもらえたりするため仕事として行なう人が多いのでしょう。また、普段勉強している内容を教えるだけでよいので、難しい技術がいらないところも人気の理由です。塾にはたくさんのこどもたちが来ますので、こどもが好きな大人にとっては楽しい仕事になることでしょう。なんといっても子供は素直です。大人と仕事をするよりはやりやすいかもしれません。また、塾は自分の得意分野のみを教えればよいのです。国語だけ、数学だけ、英語だけと選ぶことができますので、自分の得意な科目を教えることが出来ます。まさに1教科に秀でていればよいのです。また、夜の募集がほとんどなので、昼間は忙しい学生や主婦にはうれしいです。塾なので夜といってもそれほど遅くならないのも魅力となっています。

しかし、いくら自分の知っていることを教えればよいといっても、ひとりよがりの教え方では子供はちっとも学習効果があがりません。教え方にはそれぞれ持論がありますが、子供たちが興味をもって学習効果があがる教え方が求められます。それにはコツを要所要所で教え、テストでよい点数をとることができるという結果をつくり、子供にやる気をもたせることが重要です。また教える、教えられるということはその先生を信用されていることが鍵となります。人格的に信用のできない人のいうことは説得力もありません。子供たちに受け入れられる、人気を得ることも重要な要素になってきます。そのために人格を磨くこと、基本的な道徳を守ることも大事です。